毒親 チェック

ヘッダー

チェック項目に引っ掛かったら毒親になる可能性が高い

「毒親チェック診断」とは、子供にとって毒になる親を指します。

家族関係が上手く言っていない方がチェックすると多く、関連した書籍も多く販売されており、好調な売れ行きとなっています。

毒親には様々なタイプがありますが、そのほとんどが、子供に対して過干渉でその人生をコントロールする言動があったり、精神的・肉体的な虐待を繰り返しチェックを行ったりします。

本人にはその自覚は、なく、子供が成長して、自分で物事を判断できるようになったときに「自分の家庭はおかしい」と気づき、そこで初めて毒親ではないかと診断を見ると感じるのです。

家長という、絶対的な存在であった者から離れるのは精神的にとても辛いことです。

しかも、毒親に育てられた子供というのは、常に自分を低く評価しがちで、マインドコントロールされている状態にある人もチェックするといるほどです。

しかし、自分の人生は自分のものです。

毒親らの支配から逃れて、自立した自分だけの人生を歩ために、大丈夫かどうか正しく判断する事が必要です。

自分の場合は毒親かどうか、チェックリストで調べてみましょう。

いくつかの項目のうち、3分の1ほどにチェックがつけられる状態であったら、毒親と判断できます。

今までコントロールされていたことに気づいていなかったということになるのです。

チェックリストの項目は、書籍などによってその内容は異なりますが、そこでは基本的に問われることは同じと考えてよいでしょう。

子供の時に、どういった関係で接して来たかが対処方法としては重要です。

例えば、チェック項目は「家族の言う事が絶対で、反対すると叱られた」または「過剰な期待をかけられ、それが常に大きなプレッシャーを感じていた」、または「否定される言葉ばかりを投げかけられた」、「他の兄妹と比較されたり、ひいきされた」などです。

診断を病院では毒親はチェックしにくい理由

チェックすると親とは、すべての子供を平等に扱い、同じように愛情を注いで行くべきです。

しかし、未熟であると、つい自分のお気に入りの子供を作ってしまいます。

「愛玩用」の子供と位置づけにチェックされます。

一方で、それ以外の子供に対しては、金銭を要求したりします。(搾取用)

毒親と気づいたら、できるだけチェックし距離を取るようにしましょう。

しばらくは罪悪感にかられるかもしれません。

しかし、それまで支配されていたことの副作用のようなものです。

チェックしなくてはいけないのは自分自身が自分のための人生を歩ことは、至極当然のことで、普通の親ならそれを第一に望むことです。

ですから、自分の人生を歩み始めることに罪悪感を感じる必要はありません。

距離をおくことに、毒になる親は反発し、チェックした子供を攻める言葉を並べて攻撃してくるでしょう。

そこで毒親とまた元に戻ってしまっては意味がありません。

洗脳から逃れるためには、距離を置くのが一番のチェックポイントです。

すぐには成功しないかもしれませんが、相手が何を言って来ても耳をかさないことが対処方法としてはチェックでは重要です。

チェック診断で毒親に当てはまっても話を聞いてくれない事も

現在でも、自分がそういった支配下にあるという実感を持てない方は毒親チェック診断の結果には多いです。

チェックしてみると自分が親になったときに気づくケースも多いですね。

「親孝行をしなくてはならない」という風潮が、そういった方を悩ませているのです。

時には捨てることも必要な時代になってきました。

こういったチェックリストに目を通すことにして、毒親は自分であるかを常に意識するようにしましょう。

自分では判断できない時は、第三者の意見を採用しましょう。

こういったケースのためのカウンセリングを実施しているクリニックはチェックしてみると増えてきています。

実際に専門家の意見を聞く事も重要です。

カウンセリングのなかでは、チェック診断では幼少期の想い出から現在の親との関係などから、対処方法や解決策を紐といていくことになります。

誰かに話を聞いてチェックしてもらうだけでも、こころに背負った負担は軽くなりますよね。

自分の人生の為に、前を向いてしっかりと診断し歩き始めるタイミングがすぐそこに来ているのです。