毒親 原因

ヘッダー

実は愛情と表裏一体?毒親になる原因

毒親は色々な問題点を作り出す原因となります。

例えばニートや引きこもりの原因も毒親が関係しているのです。

毒親の原因は自分の意見が正しいと思うので子供から自主的に自分のことを考える能力を奪ってしまいます。

また毒親は子供が自分の思うようにならなければ批判をしたり人格否定をしますので子どもは無意識のうちに親から喜ばれるために親のいいなりになるのです。

これ自体は何も問題が無いように思われますが、このまま大人になるとどうなのでしょうか。

何もかも親が決めてきたという生き方をしてきた方は、原因として自分では何も決められない人間になってしまうのです。

そのためかなりの優柔不断になってしまいます。

また毒親は人の顔色を見るのが当たり前になっているために何かを人にしてあげなければ嫌われると思ってしまいます。

これが原因で他の人とのコミュニケーションがなかなか取れなくなってしまうのです。

コミュニケーション能力が低下すると学校や職場などでは孤立してしまいます。

最終的にそのような環境にいるのがつらくなりそれが原因で不登校になってしまったり対処方法がないと引きこもりや長いニートになってしまうのです。

そして他にも自分の子供を虐待する親になる原因にもなってしまいます。

実は虐待をする親は自分自信も親から虐待を受けてきたということが多いのです。

これは無償の愛というものを知らずに育ってきているために子供愛し方がわからないのが原因です。

アダルトチルドレンを引き起こす原因にもなるのです。

毒親になる原因は遺伝?自分も過干渉を受けていた

原因を考えると、人の愛し方は教育によって教えられるというものではなく自然と家族の中で覚えていくものなのです。

愛情いっぱいに育った人の場合は子供の愛し方がわからないということが原因にはなりません。

また毒親そのものを作り出す原因となっているのは世間に根強く残る親を悪く言ってはいけないというような風潮も関係しています。

子供を産んでくれたのでそれだけでも感謝しなければいけない。

そして教育の仕方やしつけの仕方が他の家とは違っていてもそれは第三者がとやかく言うことではなく全ては親に委ねられるという原因の対処方法や考えもあります。

このような風潮が毒親を作り出しているのです。

毒親がもしも肉体的な虐待をしたり精神的な罵倒をした場合の原因には、行政により子供を取り上げられることがありますが、これらが場合はなかなか行政もすぐには対処してくれません。

親は自分のしていることが絶対的に正しいと思うために自分のしていることが原因から間違っているとは思わないのです。

その親もまた自分の親から押しつけられるような教育を受けておりそれで今の満足できる人生があると思い込んでいるので、このやり方は子供のためになると思っています。

明らかに子供に嫌がらせをしているのではなく子供のためにと自分が思っているので考えをただす事は原因としては有りません。

もしも自分の親が毒親だった場合が原因の際にはどうすればいいのでしょうか。

原因を解消しなければ毒親は永久に治らない?

これから自分が子供を持った時のことを原因として考えてください。

自分が毒親持ちであったことが原因で子供にも毒親として接してしまう可能性があります。

しかし、この負の連鎖の原因は自分で断ち切ることができるのです。

自分が子供の頃に親から受けて不愉快だったことを思いだしてください。

そうすれば自然と自分が子供に対して同じことをしていないか気が付くはずです。

また子供の人生は子供のものですので、原因となりえる考えで自分が支配しようとはしないでください。

まだ小さなうちは親の言うことは聞いてくれますが自我に目覚める年齢になると反抗します。

この時に自分に反抗していると判断するのではなく子供が自分の人生を歩もうとしていると原因と対処方法を考えてください。

毒親は自分は絶対に最低な親にはならないと思っている親ほど実は精神的な虐待をしてしまう原因なのです。

問題点や原因が無かったかどうかを振り返る事が大事になります。