毒親 絶縁

ヘッダー

絶縁をすることは毒親の対処方法の最後の手?

一般的には毒親との絶縁とは、子供に害を与える人との絶を切ることです。

家族からの脱出や縁切りともいいます。

これらの絶縁の要望は、毒親との関わりを終わらせたい子供の方から出されることが多いです。

通常は、家族との縁を切ることは余程のことがない限りあり得ないことですが、止むを得ない緊急措置として行われます。

近年の機能不全家族の増加に伴って、これらの縁切りを希望する人は増加傾向にあります。

毒親との絶縁を求めるのは、ほとんどが成人以上の大人です。

この理由は機能不全家族に生まれてしまった人は、必然的に家族から悪い影響を受けますが、子供の時は問題を自力で解決する能力が乏しいためと思え、これが自分の力だけで毒親の影響から逃れることは困難だからです。

そのため絶縁の要望は、子供がある程度成長して自力で人生を切り開ける年齢になってから出されることが多いです。

毒になる親との縁を切る事を希望する人が増えた背景は、情報の効果と人の意識の変化が影響しています。

情報の効果としては、絶縁は今まで明らかにされていなかった虐待の原因や情報が多く入手できるようになったことにより、毒親の実態が明らかになり、自分が虐待されていることに気がつく人が増えたことがあります。

人の意識の変化は、それらの情報により虐待の問題に気がつくだけでなくそこから立ち直る努力を行う人が増えたことなどがあります。

いずれの場合も、毒になる親や機能不全家族を特定の個人の問題に留めずに社会の問題や解決すべき問題として認識されるなどです。 対処方法は人の意識が変化したことが絶縁などの要求を行う大きな要因になっています。

絶縁をしなくても毒親と距離を置くことで解消する事も

以前に比べれば絶縁や機能不全家族や虐待の社会的な理解は進んできてはいますが、未だに毒になる親が精神的に病気の可能性があるということや、毒親は子供を踏みにじる行為が害になるという認識には至っていないです。

そのため、子供の方から一方的に縁を切る事を求める場合や、犯罪や強度の依存症などの絶縁の問題として現れるまで有効な対策が行われていない場合が多いです。

また、縁を切った後の修復も困難で、原則として一度縁を切ったら二度と縁を修復しない場合が多いです。

国や自治体の対策はニートや引きこもり対策や虐待防止対策など個別の対策は行っているのですが、絶縁したいほど毒になる親や機能不全家族がこれらの問題を引き起こすとの認識に至っておらず、有効な対策としては機能していない状況にあります。

毒親との縁を切ることを希望する理由としては、親から逃れるためというのが絶縁の理由や、その他の理由があります。

家族から逃れるためというのが理由としては、絶縁は虐待の事実に気がついた子供が、このように不遇な扱いから逃れたり、虐待を受けている人が自分の人生を取り戻すために行われます。

特に虐待に関する揉め事や家族間の喧嘩を契機に絶縁する場合が多く、それは虐待の影響が深刻な場合など止むを得ない場合に絶縁を対処方法として決意することが多いです。

冷静に話し合うことで毒親との絶縁以外の対処方法を考えましょう

その他の絶縁の理由としては、毒になる親や機能不全家族の問題の解決の難しさがあります。

毒親になる人の多くは人の気持ちがわからず精神的に未熟な人が多いので、話し合いによる解決が困難だからです。

また、被害を受けた人が自力で人生を立て直すには、悪い影響を及ぼす毒になる身内がいると立ち直りの妨げになることも、絶縁を行う必要のある要因の1つです。

毒親や機能不全家族の問題に関する注意点は、絶縁へ明確な計画をもって行うことや第三者を間に入れることです。

計画を持たずにその場限りの対策で絶縁を行ってしまったり、暴力や違法行為を行ってしまうと絶縁以外の対処方法の部分で困難な揉め事を抱えてしまう事が多いため、そのような行為以外での解決策が望まれます。

これらの問題は、弁護士やカウンセラーなどの冷静な立場で関われる専門家を間に入れて協議を行うことで解決できます。

対策としては、毒親との関わりを避けて、今までの歪んだ関係の継続を拒否することや、絶縁のカウンセリングなどを受けて心の整理をする対策を行う必要があります。

また、自力で生活をすることを試みる経済的な自立が求められるので、絶縁後の生活なども予め考慮に入れる必要があります。